せどり=悪?

こんにちは。イチです。

昨日は投資に関して話しましたが、理解していただけたでしょうか。
必要な投資というのは必ず何倍にもなって返ってきます。
ネットビジネスをしていく上で一番重要になることなので何回も読んでみてくださいね!

それでは今回は
せどり=悪?
ということに関して話していきます。

せどりをやっていると、安く仕入れて高く売るなんて悪だ。という声も聞かれますが、このようなことが
理にかなった行為であるからこそ需要があり、日常で頻繁に起きているということを生活面から見ていきます。

スーパーに買い物へ行ったときのことを思い出して見てください。
店内を見渡すとコンビニなどよりも安い商品がずらりと並んでいます。

食材はもちろん飲み物も自動販売機と比べれば50円以上も違うものがあります。
しかし、買い物を終えて出てきてあることに気がつきます。

店内で90円で売っているはずのお茶を自動販売機から150円で買っている人がいる。
金銭面だけを見ると明らかにおかしな行動ですが、何故そのような行動をとったのか深く考えてみましょう。

この自動販売機で150円で買った人はおそらくスーパーであれば安く売っているのは確実に分かっていたはずです。
しかし、店の中に入ると二つのリスクが存在するのです。
1.値段を見なければいけない。(もしも価格が同じだった場合店内に来たこと自体が無駄になります)
2.時間のリスク

この二つがあったことによってこのAさんは自動販売機から買うことを決断したのだと思われます。

これがどうのようにせどりにも関係あるのかというと、
欲しい本があるが、BOOKOFFには何千何万という本があり、その中から探し出す時間、そしてそこまでに行くのが
面倒くさいということが挙げられます。

これは先ほどの例と同じで、それほどのリスクを取るのなら、ネットで一歩も動かずに買ったほうがいいのでは。
という思考回路が働くのです。

人生でどれだけお金をもっていても買えないものが一つあります。
それが「時間」

時間を大切にするということに関してあまりにも気づいていない人が多すぎますが、
人間平等に24時間持っているのにビルゲイツのような金持ちからホームレスまで存在しています。

せどりは自分の時間を売り、そしてリスクを一つもとりたくない人のもとへ届ける立派なビジネスなのです。

金銭面的にだけな面だけで見ると理解できませんが、裏に潜んでいる理由を深く見てみると、どうしてそうなるのか
というのが見えてくるようになりますよ^^

それでは今日はこの辺で!

2 件のコメント

  • せどりは詐欺とか言ってる人たちが僻むのはそんなに簡単にお金を儲けることがおそらく許せないからですね。

    自分達もやればいいのに結局最初の一歩を踏み出す勇気が
    ないので、ヒガミを言っているだけですね。

    • ヒガミを言っている暇があったら行動することが一番なのですが、
      日本は何故かお金を持っている人を叩く週間がありますよね・・・
      でも頑張って稼ぎましょう^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です